広島県の美味しい食べ物1

ここでは広島県の美味しい料理、食べ物を紹介していきます。皆さんも機会が有って広島県にいらっしゃったならば、是非ともこれらの広島の名物料理を召し上がっては如何でしょうか。ここでは広島県西部の安芸地域と東部の備後地域に分けて、それぞれの名物を紹介します。
安芸の美味しいもの
@広島お好み焼き
広島名物として、皆さんが真っ先に思い浮かべるのがこのお好み焼きかもしれません。現在の広島にはお好み焼き屋がたくさん軒を連ね、広島名物としてお好み焼きは不動の地位を築いている、と言ってもいいでしょう。広島に立ち寄ったら、必ずお好み焼きを食べる、と言う人も少なくないでしょう。それではそのお好み焼きの起源は何処にあるのでしょうか。お好み焼きはどんな歴史を辿ってきているのでしょうか。ここではそんなお好み焼きの概要について、ごく簡単では有りますが紹介してみることにします。
お好み焼きの起源は、そもそも戦後にはじまった「一銭洋食」と呼ばれるものでした。この「一銭洋食」に様々な具が加えられて、そうして現在のお好み焼に発展したと言われています。
この広島風お好み焼きの作り方は皆さんもよく御存知のように、水溶き小麦粉を薄くのばした生地に、野菜(キャベツなど)、豚バラ肉、そば(またはうどん)、卵などを重ねてボリュームたっぷりに焼き上げます。鉄板の上でアツアツに焼かれたお好み焼を、ヘラを使って食べるのもおすすめです。またお好み焼きにソースやマヨネーズをたっぷりかけるのもいいでしょう。熱々で香ばしいお好み焼きは私達の食欲をそそります。
Aアナゴ料理
瀬戸内海に面した広島県は海の幸にも恵まれています。広島県を訪れたら、そんな海鮮料理に舌鼓を打ってみたいものです。広島県を代表する海鮮料理の一つのアナゴ料理が有ります。特に大野瀬戸で獲れた新鮮なアナゴは、脂ののりがよくて、とてもやわらかいのが特徴です。特に初夏から夏にかけてのアナゴが大変美味しくなっています。アナゴの食べ方としては、アナゴの頭と中骨を昆布を一緒に煮込み、そしてそのだし汁でしょう油ご飯を炊き、アナゴの身と一緒に食べます。その他にも、アナゴの白焼きや釜飯、それにアナゴの巻き寿司などもあります。広島県を訪れたら、是非口にしたい一品です。
B牡蠣料理
広島県の名物で最もよく知られているものの一つがこの牡蠣です。広島県の牡蠣は質、量ともに日本一である、と定評のある冬の味覚です。瀬戸内海の穏やかな海で育った牡蠣は、広島県を代表するに相応しい名物です。広島の牡蠣は大きな身と濃厚な味わいが特長です。また牡蠣は江戸時代から全国に名を馳せた産品です。
その牡蠣の食べ方ですが、まずはシンプルに生牡蠣に挑戦してみましょう。ポン酢や醤油につけて食べるといいでしょう。また生牡蠣以外にも酢牡蠣、殻付き焼牡蠣、牡蠣の土手鍋、牡蠣フライ、それに牡蠣飯等食べ方はいろいろあります。皆さんの好みに合わせて、牡蠣のいろいろな食べ方に挑戦してみてもよいでしょう。

recommend

天然石を粒売りから販売
http://www.suisyodo.com/

Last update:2017/2/23

Copyright (C) 2008 広島を大冒険. All Rights Reserved.